電車で目の覚めるような美少女を見かけた。彼氏「ブスなお前とは別れる」ある日、見知らぬ美女から声をかけられ・・・

電車で目の覚めるような美少女を見かけた。彼氏「ブスなお前とは別れる」ある日、見知らぬ美女から声をかけられ・・・
 
 
 

これって修羅場っていうのかな?

一人の男を二人の女が

取り合ってない話です。

 

私、中肉中背ひたすら美人ではない

彼、高身長、一般人としてはイケメン。

可愛子、その辺のアイドルより可愛くて綺麗。

友子、可愛子の友人で美人系。

化粧子、私の友人で顔面詐欺師。

 

ある日、

 

電車の中で目の覚めるような

美少女を見かけた。

 

 

女の私でも

一目ぼれしそうなほど可愛かった。

 

当然他の男性の目も彼女に釘付け。

 

私の彼氏だった彼も

彼女から目が離せない。

 

もうあそこまで可愛かったら、

嫉妬とか妬みなんて出したくても

絞りだせない。

 

目の保養とか眼福とか、

いいもの見せてくれて

ありがとうってくらい。

 

帰り道、

綺麗だったね~といいながら

彼と一緒に帰った。

 

だがその日から彼が一変。

 

私の容姿を責める責める。

 

なんでロングヘアじゃないんだ。

なんで髪がこんなに太いんだ。

もっと細くてサラサラじゃないなんて

おかしいじゃないか。

なんで色がこんなに黒いんだ。

なんでお前はタレ目ぎみなんだ。

なんで奥二重なんだ、

二重に見えないじゃないか。

 

自分が美人ではないと知ってはいたが、

ここまでどうしようもないことで

責められるいわれはない。

続きはコチラから!!