花見の行列に並んでいたら超自己中女からありえないことを言われた➡︎すると派手なギャル2人が一言!

花見の行列に並んでいたら超自己中女からありえないことを言われた➡︎すると派手なギャル2人が一言!
 
 
 

都内の某有名お花見スポットにお花見に行った時のこと。

その日は前日とは打って変わって、やけに気温の低い日だった。

温かい飲み物を求めて最寄のスタバには客殺到。

私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。

暫く並んで、お店の入り口も、もうすぐというところまで来た時、肩を叩かれた。

振り向くと、シロガネーゼ(古)風の巻き髪、お化粧ばっちりの女性。推定35歳。

「これお願い。一緒に買ってきて」と紙を差し出す。

紙はぐっちゃぐちゃに書かれた飲み物のオーダー。

しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など注文がうるさい。

事情が飲み込めず…ていうか誰この人?などと頭が混乱して固まっていると

「だから!これを買ってこいっていってるの!」と追い討ち。え??

女「だからぁ!子供が小さいから!子供って体が繊細なの!風邪引いたらあなた責任取れるの?」

私「…?」

女性が指差すほうを見てみると同じようなテイストの女性が数人とちびっ子たち。

どうやら「ママ友」たちとお花見に来た模様。

続きはコチラから!!