全てを失ったおばあちゃんに希望を与えた1杯の豚汁が人間同士の温かみを感じさせる

全てを失ったおばあちゃんに希望を与えた1杯の豚汁が人間同士の温かみを感じさせる
 
 
 

3月14日。

大震災から4日目の夜、

僕の人生観が大きく変わる出来事が起こった。

炊き出しボランティア3日目、

昼間から準備していた1200人分の豚汁を作り、皆に配給していた。

正直、僕も料理人のはしくれだから

もっと豪華なものを提供したいと思ったけど、

1200人分の食材を考えると、こんなもんしか出来ないって、

ちょっと申し訳ないくらいに感じてた。

殆ど肉の入ってない『豚汁』という名の『野菜スープ』。

僕の列に並んでくれた人に次々に豚汁を配っていると、その婆ちゃんは僕の前に表れた。

「おい兄ちゃん、オレの家は津波で流されちまったんだ。

爺ちゃんも何処かさいっだがねぇ。

もう、なにもかも無くなっちまったからよ、豚汁、大盛にしてくれ。

それくらいしてもらってもバチ当たらんべよ」

正直、一瞬、悩んだよね。

続きはコチラから!!