大腸の内視鏡検査を受けるために病院に行き「車なので麻酔なしでお願いします」医師「わかりました」➡︎とんでもないことに

大腸の内視鏡検査を受けるために病院に行き「車なので麻酔なしでお願いします」医師「わかりました」➡︎とんでもないことに
 
 
 

つい最近、大腸の内視鏡検査を赤い十字架病院で受けた。 

予約が13:00だが早めに行き12:30にチェックイン。

13:00まで待合室で待機、それは想定内。 

内視鏡検査室でさらに15:30まで順番待ち、これも想定内。 

「自分車ですから麻酔無しで」と申告し本番開始。

それから30分ほどは痛みをこらえつつファイバースコープで腹中をかき回し。 

当然ながら多少痛いのは致し方無し。 

 

だが最後の十二指腸近くの曲がり角で

本当の苦痛が始まった。 

担当医汗だくでも通過できず。

 

さらに別の医師とバトンタッチしても

「あれ、(腸が)畳めないな〜、また逃げた」とさらに1時間弱。 

 

「たまにね、こういう難しい腸の人もいます」

御託はどうでもひたすら痛い。 

 

そうこうするうち、継続する激痛と太陽神経なんたら(ウロ)を

刺激し続けた為に、体温と血圧が低下し悪寒と震えがきた。

続きはコチラから!!