受験前夜に初体験を捧げてくれた彼女が翌日、自ら命を絶った!残された遺書の内容に涙が止まらない・・・

受験前夜に初体験を捧げてくれた彼女が翌日、自ら命を絶った!残された遺書の内容に涙が止まらない・・・
 
 
 

たまたまその日は親が居なかった。

おれは彼女を家に上がらせてシャワーを浴びさせた。

シャワーを浴び終えた彼女は

まだ「ごめんね」と泣きながら繰り返すだけ。

彼女に何があったのか?

自分から話してくれそうもなく、

俺からは聞けなかった・・・

学校以外で会わないことにしようと言い出したのは彼女の方から。

そんな彼女が家に来たのだからよほどのことなのはわかる。

だが俺は「ごめんね」と泣きながら繰り返す彼女に何もしてやれない。

ただ無力感がつのるばかり。

続きは次のページにてご覧ください。