「トンネルの上の廃病院」へ肝試して行ったら恐ろしい現実に襲われることに…!

「トンネルの上の廃病院」へ肝試して行ったら恐ろしい現実に襲われることに…!
 
 
 

中学生くらいの時の話。

当時仲の良かった4人で、肝試しすることになったんだ。

俺の他をA・B・Cとしておこうか。

夏だったし、地区にあるトンネルの上に

丁度良さげな廃病院があるってんでさ、

その日の深夜にいくことにした。

結構距離があったけど、自転車でいったのよ。

で、トンネルの前まで着いて横から階段を登る。

暫く草を分けて進んでくと病院が見えてきた。

まだ結構距離あるなぁなんて思ってたら、

Aが目標を目前にして、

「すまん、やっぱり絶対入りたく無い。気持ち悪い」

って言い出したんだけど、

残りの2人がテンション上がり切ってて、

「勿体ないよ此処まで来たのに。俺たちだけでも行っちゃうよ?」

「此処で待ってる方が怖く無いか?」って言ったんだけど、

どうしても無理らしい。

「いいよ、三人で行って来てくれ。トンネルの前で待ってるから、ごめんな。つか本当にいくの?やめといた方がいいよ」

トンネルも一応心霊スポットで有名なんだが、

そっちの方がマシだとまで言う。

 

続きはコチラ!!