恐ろしく不気味でホラーな、深海などに潜む珍生物50選をご覧ください・・・

恐ろしく不気味でホラーな、深海などに潜む珍生物50選をご覧ください・・・
 
 
 

オレンジ色に光るオイルを吐き出すフルマカモメ

見た目は可愛いがその歯は恐ろしい「カニクイアザラシ」

南極の海岸や流氷の上に生息している体長200センチ、体重200帰路ほどのアザラシの仲間。

この歯は、主食であるオキアミをこしとるのに適している。

「カニクイ」と名前が付けられているが、実際にはカニを食べない。

人間と同じような歯を持つ魚「ミューフィッシュ」

タイの仲間で、貝類をかみ砕いて食べるためにこのような歯が発達した。

バケダラ

北太平洋、大西洋の水深1,100~1,400メートルの深海に生息。

タラの仲間で、全長は最大40cセンチほど。

頭は大きいが、胴体部分が非常に細い。

不気味な形態から「深海を漂う人魂」とも言われている。

気になる画像は次のページにてご覧ください。